ホーム > 学生生活虎の巻 プレゼンタ―紹介 その①

学生生活虎の巻 プレゼンタ―紹介 その①

みなさん、こんにちは!
これから第3回虎の巻にご登壇される、プレゼンターの方々をご紹介していきます

学63期 2014年卒業 孫 麗香 先生

在学中はバレーボール部でエースとして活躍されており、現在は大阪市立総合医療センターで勤務されています。

Q.部活動の経験は医師となった今どのように活かされていますか?

部活動ではたくさんの勉強をさせていただきました。私はバレー部に入っていましたが、自分が部活動において行ったことに対して、先輩や後輩の反応をみて、「○○は成功したな」「□□は失敗したな」と、 反省したところはたくさんありました。医師となった今、当時の反省をすごく活かせていると思っています。バレー部で伸び伸びと自由にさせて下さった先輩方、まっすぐに私について来てくれた後輩達、たくさんの人たちに囲まれて協調性だったり社会性だったり、医師として働くのに大切なことを身につけることができました。

Q.他にも部活動をしていて良かったことはありますか?

私は今、救急医として働いていますが、救急ではたくさんのコメディカルの人と協力して患者さんを助けます。協力して何かを成し遂げるというところもバレー部で学びました。

Q.救急医になられて良かったなと思うところは何ですか?

誰かの命が危ないという超急性期の緊迫した状況でみんなで知恵を出し合って何とかして助けるという瞬間がすごく好きです。あと、救急に来る人たちにも家族がいて、人それぞれのドラマがあって、その人生の分岐点に少しでも関与できるところが本当に光栄だと思います。医師は助けるだけではなくて、人が亡くなる瞬間にも立ち会います。そこにもいろんな人生があって、いろんな考え方があって、その瞬間に立ち会わせていただくとき、その一瞬もすごく大切にしています。
学生生活虎の巻その3は、7/1(土)に開催されます!ご興味ある方は、下記のフォームにてお申し込みください!みなさんのご参加をお待ちしております✨
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSezc36GerCU6-TIg4…/viewform

 

学生生活虎の巻~その3~ 開催されます!

学生生活虎の巻 プレゼンタ―紹介 その①のTOPへ